スギダラ天竜支部



人生のあるべき姿


先日、もうすぐ90歳という方とお話をする機会がありました。
全国の玩具コレクションをしていて、市に寄付された方です。
大変感銘を受けたので、レポートします。

「もうすぐ90歳だが、毎日わくわくして暮らしている」
そうおっしゃるおじいちゃんは、風貌も自由人、
生業も骨董屋さんで、かなりのキワモノに間違いありません。

キワモノっぷりを聞けば、
骨董の仕入れのついでに全国の玩具もコレクションし、
のちに、こけし単体の蒐集も開始、
拝見したところ、軽く500体はあると思われる圧巻さ。
こけしは、もはや仕入れのついでではなく、こけしのために出向いたとのこと。
単に購入するだけでなく、作っている職人さんと仲良く
なるのが信条。ゆえに解説がすごい。

「このこけしは父ちゃんの作。清純派の顔ね」
「こっちは息子の作。あんまりいい顔じゃない。
 でも酒を飲んで描くとなんとも言えない良い表情なんだよ〜
 ああ、これが飲んだ時の作品」
キャ「酒って、東北だとやっぱり日本酒です?」
「いや、焼酎」

なんとー
こけしを集めに行って、
その家族構成も、好きな酒の種類も分かるくらいの
交流をしてくるってすごい。
素人から見たらあまり差の分からないこけし群の中から、
さっと取り出して見せてくれる。

玩具、こけしのみならず、
道ばたにある草、山のキノコ、川を泳いでいる魚、なんでも詳しい。
どこがすごいか面白いか知っていて、それを生き生きと話してくれる。

地元小学校の自然観察クラブでもそういったお話をしてくるとのこと。
そのスタンスに感動する。

「オレは、針の穴程の穴をあけて、
 その向こうに面白いことがある!って見せてやるだけだよ」
「その穴を広げるかどうかは、本人がそうしたいかだからね。
 それでも、知らなければ興味を持たないから、
 ちょこっっとだけ見せてやるんだ」

嗚呼すてき。
それが人生の先を歩く先輩としてのあるべき姿ではなかろうか。
押し付けるのではなく、本人に任せて。


もう1つの感動。
お住まいはこう言っては何だが、とても質素なもので、
案内された部屋は、もともと倉庫だったところを掃除して
自分で壁の色を塗って、生活する空間にしたとのこと。
確かに、壁も畳もくたびれ感は否めない・・・だがしかし。

一角には、椿が吊り籠(びく?)に活けてある。
もう一方の角の棚の上には、割れ花瓶に梅の花が。

大変に美しく、凛とした空気が漂う。
ああ、私達(客人)のために花を選び、今朝摘んで、
活ける。
花は野にあるように見えた。

これがもてなしかと思う。
室内に切り取られているために美しさが際立つ。
利休さんを呼んできたいくらいだった。
[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-02-23 18:40 | つながり

"ななつ星" 大人が涙して作り上げる旅

JR九州の、豪華寝台列車"ななつ星"。
d0127872_22235933.jpg
先日の大分スギダラツアーでは、実は大分支社長津高さんのご尽力により、
特別に「車内」見学をさせていただいたのです!
※車内の写真は公開できないため掲載しておりません。
 ご興味ある方は、ぜひななつ星にご搭乗ください(今期18倍の難関)。
 なお、一部の車両の天井は、大分駅コンコースと同じ作りでしたよ! 気になる方はぜひ大分へ!


d0127872_22244912.jpg
噂のななつ星。
外装はぴかぴか、中に入ればムード満点、大人の雰囲気。
単なる(むしろ「スギダラ倶楽部」という怪しい)見学者にまで
生ピアノ演奏でお出迎え頂きました。

内装は(サプライズ見学だったので前情報を持ってなくて先入観なく拝見しました)
 ちゃんとした材料が
 ちゃんとした仕事で
 しっくり収まっている
という印象でした。
(シロウトなんでこんな感想でご容赦ください)


「豪華列車って、要はお金をかけたってことでしょ?」
いえ、違います。
もちろんお金はかかっていますが、
想いもかかっています。そこが最先端だと、私は思います。


先日テレビで放映されていたななつ星誕生までのドキュメントで、
ななつ星が完成したその時、JR九州社長の唐池さん、
そして列車をデザインした水戸岡さんは泣いていました。

大の男が二人して泣く。
唐池さんとはこんな風貌の方で、JR九州という大企業の社長という猛者。
水戸岡さんだって、日本の鉄道デザイナーの権威。

そんな二人が泣いていました。
感動して、嬉しくて、
無事に完成するか、できたものが認めてもらえるか 不安で。
ななつ星に関わる人たち皆が、そういう気持ちを共有していた。

「豪華列車を作るぞ!」という唐池社長の大号令でスタートしたプロジェクトは、
そもそも「豪華」とは何ぞや?から考え始めることに。
そして何が「特別な旅」を作るのか?


こういう、いかにも"お金にならない" "数字で結果が見えて来ない"
"絶対的な答えはない" "それって意味あるの?"って
言いたくなるような命題を真剣に考えるって、
怖くて不安で出口が見えなくて、
なぜだか途中で「オレってそもそも何者なんだ、何がしたいんだ、
いったい自分は今まで何をして来たのだろう!」と苦悩することになり、
チームメンバーの言っていることが互いに理解できなくてイライラ!
ああもうやってらんねーーー!

だけどある瞬間に、あ! っとたどり着くことがあり、
一瞬で共感できることがある。

闇のトンネルを抜けた光を感じるときの高揚感たらたまりませんな!!


"その手"のものと思われるななつ星プロジェクト、
「豪華」という命題をもらった水戸岡さんは、初めはヨーロッパ風の、
ちょっと近未来なデザインをしていました(個人的な印象ですが)。
それが「地元九州の伝統工芸をふんだんに使った室内」に落ち着いたのは不思議。
この土地を旅する特別さとは、この土地の蓄積を感じること という解釈でしょうか。

噂の、柿右衛門の洗面鉢も
(私は知らなかったのでかなりスルーしましたが・・・
 いわゆる「TOTO」ではなくて、専用に作ってあるなとは思いましたよ・・
 ほんとスミマセン)
ドキュメントされていた柿右衛門さんのかっこよさは
自ら「洗面鉢など、実用品を作りたい」と提案されたこと。
人間国宝の作品ともなれば、多くは美術品として飾られるのでしょう。
でもそれは、「器」ではないという気持ちがあったのでしょう。

「本当の豪華さ」「特別さ」には、
真摯に追求した良い物を実用すること、
それは「あなたがそれほどに特別なのです」というホスト側の気持ちであり、
一方で、客はその気持ちに応え、大切な物を大切に扱う。

「もてなし」というのは、ホストの一方的なサービスではなく、
客側も、ホストの気配りを十分に感じて自らも気配りを返す という
呼応するものなんだそうです。

ななつ星には、自身も、ちゃんとしてから乗りたいものです。
d0127872_22565066.jpg
ななつ星の案内状と応募封筒


個人的な感動ポイントを2つ。

1つ目は、シャワー室のヒノキの香りが素晴らしかったこと。
シャワー室の壁や床は、ちょうど建て替えとなった銀座・歌舞伎座の
ヒノキを転用したもの(のはず。間違ってたら指摘願います)
できたてほやほや、香りむんむん。
大変な贅沢を体験させて頂きました。

2つ目は、なおのこと細かいですが、
ななつ星から荷物発送する際に使うと思われる
「ななつ星段ボール」があったこと!! きちんとかっこ良かった!
「ななつ星から家に荷物が届いた時」にも"特別"を添える心に感動しました!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-02-03 23:20 | つながり

「田舎暮らし交流体験ツアー」も募集中!


浜松市天竜区には、「月(つき)」という地名があります。

新東名に乗って、月に行こう!

3/8,9の一泊二日で、東京を出発し、天竜を満喫するツアー。
田舎への移住を少しだけ考えているアナタ!
まずは一回体験してみてください!

個人的には、天竜区月 は、まだまだ天竜の入り口もいいところ、という感じがします。
コンクリートジャングルに暮らしてきた初診者向け(個人的なお勧めです)

詳細はこちらのページへ。
「浜松田舎暮らし」東京発田舎暮らし交流体験ツアーの参加者募集
http://www.hamamatsu-inaka.com/newsIndex_tour2014.html


d0127872_22434717.jpg

[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-01-27 22:49 | つながり

「浜松山里いきいき応援隊」募集中!

浜松市の天竜区は「中山間地域(ちゅうさんかんちいき)」と呼ばれる
やまあいの地区。北区の引佐も加えて、「浜松山里いきいき応援隊」を
浜松市が募集しているそうです!

 田舎暮らしをしたい 山の暮らしを自分の手で手伝いたい
というアナタ! 天竜区や引佐に引っ越して、どっぷり活動してみませんか!

・募集期間/平成26年2月13日(木)まで
・募集人数/3名
・委嘱期間/平成26年4月1日(予定) 〜27年3月31日
・報償費/150,000円(月額)
などの条件の詳細は、下記ページを参照ください。

「浜松田舎暮らし」浜松山里いきいき応援隊募集
http://www.hamamatsu-inaka.com/newsIndex_20140116yamaikitai.html

d0127872_22354332.jpg

[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-01-27 22:39 | つながり

懐かしい未来とデザイン 〜南雲さんの講演

去る2013年11月28日、浜松にて、
「暮らしと地域で活きる木・その魅力」という研修会が行われ、
講師として我らが南雲大親分がお話ししました。

しかも主催の担当者は、林業女子会@静岡のイシカワ晴子さん!

これが、パワーのある人たちの引きの強さか、
はたまた林業の世界は狭いのか、
ともかくほとんど身内だな、という気持ちで参加即決でした。

南雲さんの講演、建築家古川泰司さんの講演も、
盛りだくさんでたくさん感銘を受けたのですが、
ここでは1点だけレポートします。
--------------------
今回の講演を聴いて、合点がいったこと。
「スギの山は、愛である」
このフレーズは何度となく使ってきましたが、
実は、精細に焦点を結んではいませんでした。

漠然と、
 60年後の収穫(伐採)ということは、植林した人自身は
 伐採に関わることは(ほぼ)ない。だから子孫に託すことになる。
 自分がいなくなった後のことを信頼して託すのは、愛。かな?
ってな感じでした。

南雲さんのお話で分かりました。
そんな漠然としたことではなかった。

60年後の伐採は、つまりお金を生むということ。
(植林した当時は木材は高値がついていた)
ひと山スギがあれば、ひと財産であり、子孫は食べていける。
確かに、親が心配するのは「この子がちゃんと食べていけるか」
ということですね。貧しい暮らしにならないように、具体的な財産を残す。
ああ それが愛でした。

愛とは無償だと思っていたけど
有償なものを残すことも愛。
いやあ 泣けてきます。
---------------------
一番感銘を受けたトピックのご紹介でした。
d0127872_10271327.jpg
静岡の山の実生のスギとヒノキ


一方、ちょっと驚いた点も1つ。
今回の講演会は「木の家推進事業者研修会」という位置づけですから、
当然参加者の多くは、林業関係者や工務店さん、設計士さんだったようです。

私は、今までスギダラでしかこういった会に参加していなかったので、
がっつり林業と木材に関わる(生業にしている)方々が
たくさんいる場って初めてでした。

私は趣味的に関わっているので、「楽しく〜」と気軽に言えますが
ちょいとそんな雰囲気ではなかった。暮らしに直結しているから。
(懇談会はわいわいしましたけど、講演会場がぴりっとしてた)

親分たちは、こんな世界で「楽しく」と主張して来たんだなと
そら恐ろしささえ感じました。
安直な物言いはできない、という意味です。

とはいえ、私のような一般市民は、気楽に楽しく林業と材木に
関わればいいんだろうな、ということも改めて感じました。
d0127872_10243511.jpg
こちらは大分のスギ林

[PR]
# by sugidaratenryu | 2013-12-30 10:27 | スギダラケ


日本全国スギダラケ倶楽部、天竜支部です。
カテゴリ
全体
つながり
杉観察
杉道具/杉家具
知識
はままつ
スギダラケ
天浜線
根羽村
つれづれ
ツアーグッズ
未分類
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧