スギダラ天竜支部



のぼってきました、矢作川!

根羽村「流域モノサシプロジェクト」
矢作川をのぼる〜中流から源流・根羽村へ〜


のぼってきました、矢作川!
中流の豊田市近辺から、沿岸の道を車でのぼってきました。

川に注目して川沿いを上った感想を一言で言えば、「川には特徴があった!」という発見でした。

いやはや、スギ関係についてはちょっとは詳しくなったワヨなどと思っていたワタクシでしたが、川については完全シロウト、何も知らなかったんですね。

だってこれまでに、川そのものを注目して眺めたことがあっただろうか、いや、ない。

新幹線から見る天竜川の水の増減や、強雨の後の濁流は気に留めた記憶がありますが、川そのものについてそれ以上考えたことはなく、他の川と比較したことは一度もなかった。

さて、天竜川と比べて、矢作川は短い。天竜川213kmに対して、矢作川117km。長さのが川の表情に違いをもたらしたと推測します。

スタートは中流。
d0127872_2035647.jpg
d0127872_20351133.jpg

言葉でうまく表現できないのですが、
何か・・・天竜川とは、違うんです。
ううむ何か・・・なんだろう、比率が違う・・・?

小粥さんと異口同音に発したのは「小川っぽい」。

なんか、かわいいんですね。

見てください、これが矢作川のダムです。矢作第二ダム。
d0127872_20393597.jpg

やっぱりかわいい・・・ ダムってこんなかわいく(小さく)作れるんですね。天竜川のダムはどれも、ごうごうと音を立てて放水されるのですが、こちらはサーッザーッという感じ。

こちらは矢作第一ダムで、ダムとしてはかなり大きいです。流域最大規模。
d0127872_2044359.jpg

ここでの注目は、山の植生です。
矢作川流域は、けっこう自然林があるように見えました。

天竜川の天竜美林は、やっぱ美林という自負が出てくらいに、しゃかりきに植えただろうな・・・天竜の山では、道から見えるような場所で人工林以外をほとんど見ないように思います。


さて、だいぶ上流まできました。ザ・山あい。
小川感はますますつのる・・
d0127872_20483040.jpg


川を遡る・・・それは時に、狭い道に試される修行の道でもある。
d0127872_2051678.jpg


で、これは、先入観というか事実というかネタなんですが、豊田市というのはですね、きっちり車が通れるように道路を整備するのだというポリシーを、ビシッと持っているわけですね。やっぱり、そりゃね。
道路の県境が明らかですね。
豊田市から出発して、一旦岐阜県に入り、再びの豊田市です。
d0127872_20531753.jpg


標高の高い山あいの、早い秋を感じながら・・・
d0127872_20561712.jpg


はるばる来たぜ、根羽村〜
d0127872_20574776.jpg



さてさて、こんなふうにして矢作川そのものをきちんと自分の目で確かめることができました。

川にも、それぞれに表情がある。
沿岸にはあれやこれや人の営みがあり、山があり、人工林があり自然林があり。
たどっていったら、本当に源流にたどり着く。でもそうやって「つながっていること」を、日常ではまったく意識しない ということを実感した旅でした。

これをいざ、流域モノサシワークショップへつなげるぞー!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2015-11-14 21:05 | 根羽村

根羽村・顔合わせ

流域モノサシ作りとそのワークショップにむけ、デザイナーの小粥千寿さんと連れ立って根羽村を訪問しました!

スギダラ天竜=静岡県浜松市と、長野県根羽村はお隣同志♪

お隣♪お隣なんですけどね・・実は、道のりはけっこうあるのです・・・
北上する道は、一度愛知に入ってから長野へ!
d0127872_18175685.jpg
流域No.50の天竜川の隣は豊川、さらに隣が矢作川No.52。
一級水系109水系の流域を示した「日本河川図 RIVERS IN JAPAN」はこちら。
d0127872_18261847.jpg
行程は100km弱、ついにあと15km地点。
d0127872_18272616.jpg
初秋の素敵な田園風景と山々。
d0127872_18273503.jpg
いよいよ根羽村へ!


秋の連休にお時間をいただき、チーム・根羽村の今村さんと小野さんと打ち合わせ。
制作サンプルを見ながら並べながら、根羽村の「矢作川流域モノサシ」をどう実現するか相談。
d0127872_18273514.jpg
今村さんから、「根羽村とその流域仲間の力を結集すれば、材料集めはすぐできますよ!」という力強いお言葉が。
12月のワークショップ開催に向け、私たちは動き出しました!

さらにお時間をいただき、根羽村見学、そして矢作川源流へ・・・!
個人的にワタクシ、「源流」なるものを初めて目の当たりにしたように思います・・!
d0127872_18273535.jpg
ぱーっと車で登って駐車場から意外にすぐある源流。
d0127872_18273540.jpg
飲料可ということでちょいといただきました。う・ま・い・・・
この流れがずーーーーーーっとつながって中流下流と「チーム・矢作川」のみんなの街を流れ流れて海にそそぐ・・・
d0127872_18273563.jpg
きれい・・



それにしても、天竜モノサシは、小粥さんたった一人の力で作った作品で、制作では上流から下流までの材料集めに足を運ぶのがとにかく大変だった・・と聞いていただけに、すでに「流域」としての結束のある矢作川流域メンバーと出会えたことはなんという運命か・・と、根羽村内をブンブン愛車でかっ飛ばして案内してくださる今村さんの車に揺られながら(ご本人曰く、相当ゆっくり走ったとのこと)、密かに感動しておりました。

乞うご期待!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2015-10-11 18:44 | 根羽村

根羽村とスギダラ天竜コラボ企画スタート!

沈黙を守ってきたスギダラ天竜支部・・・
ついに大きな動きが始まりました!

三遠南信地域のメンバーである長野県根羽村と、浜松・天竜のデザイナーが産み出した「流域ものさし」のコラボです!
「平成27年度 信州の木活用モデル地域支援事業」に採択されました!


解説しますと・・・

「三遠南信地域」とは、愛知県・静岡県・長野県の県境で接している市町のタッグを表す言葉です。「三河」「遠州 (遠江)」「南信」という地域名に由来します。旧・国名が今も日常的に使われているこの呼び方が、私は好きです。なお、「南」と限定しているのは、信濃国の大きさを物語っています。さすがです。
◆三遠南信エリア情報

そして「流域ものさし」とは。
浜松市出身・在住のデザイナー、小粥千寿(おがい ちず)さんの作品/コンセプトのこと。その名の通り、ある河川の流域を体現したものさし。
天竜川の流域ものさしがこちら。
d0127872_21381439.jpg

上流から下流の各ゾーンに育成している様々な種類の木々を材料とし、ものさしの長さはその河川の長さの100万分の1を表します。
様々な色や木目を見るだけでも飽きません。
d0127872_21383758.jpg
天竜川は約214km=ものさしは21.4cm。
d0127872_21384651.jpg

◆小粥千寿さんウェブサイト
◆流域ものさし こと「Scale No.50」の詳細はこちら

私はこのものさしにとても感動し、ぜひ、全国の河川の流域ものさしを作りたい!と思っています。

何に感動したかというと、何よりまず、「流域」が人間の都合とは関係のない自然の摂理だということ。そして流域各ゾーンそれぞれに生きる木々を用いることで、水が流れる過程をイメージすることができる。

各流域で樹種は異なるはず・・・北海道に行けばカラマツが入るでしょう。九州に行けば粘り強い木々が存在感を放つでしょう。
長さも違います。日本一長い信濃川と、日本一の急流である球磨川の規模の違いを手に持って比べてみたい。

いろいろな情報が、体感できる!


ちなみにこれを作るのはすごく労力がいるとのこと・・・そりゃそうです、人間の都合ではない「流域」を題材としているだけに、川の源流近くは深い山、県をまたぎながらの材料探し。

全国の一級河川を表現してみたい・・・!という千寿さんの思いは強くとも、なかなかに時間も移動も労力もかかる・・・

・・・そこに、暑苦しくも力強いスギダラの仲間が登場しました! お隣の長野県は根羽村、キーパーソンは今村さん。地元浜松・天竜川の隣の隣「矢作川」の源流を持つ村です。
◆根羽村ホームページ

もともと、「矢作川の上流から下流までを盛り上げたい!」と考えていた今村さんとその仲間を訪れる、「スギダラ根羽村ツアー」にキャッシーが参加したことが発端です。「(行政区分ではなく)川を通して地元を盛り上げようとしている」と聞いた瞬間、キャッシーはピンときました! 流域だ! 流域を愛している人たちがここにいた!!

懇親会の席で、お土産として「流域ものさし」をお披露目した瞬間のどよめきは、嬉しい限りでした。そしてちょっと緊張しました。

これは大変なことが始まるかも・・・・・・・!


矢作川流域ものさしプロジェクトが、スタートします!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2015-08-12 21:44 | 根羽村

山の境界線


先日、天竜の山に遊びに行ったときの気付きをご紹介。

「人工林は林業家が手入れしていて、
山のあり方は山主さんに方針や具体的な手入れの仕方により様々」
と聞いてはいましたが、明確な境界線を感じた2カ所の写真です。

d0127872_1614376.jpg
お分かりでしょうか?
写真中央から左右に、明るさが異なることを。
左は明るく光が入っていて、右側は暗い(木の間隔が狭い)のです。

左側はつい最近間伐した部分、右側は近年間伐をしていないゾーンです。
左右で、山主さんが異なるため、間伐のタイミングも異なっているという例。

d0127872_16161729.jpg

こちらもやはり真ん中で様態が異なることがお分かりでしょうか?
左右どちらも同じ山主さんで同じようなタイミングで間伐や整備を
しており、木の間隔と光の入り方は似ていますが、樹種が違う例。

左はヒノキ、右はスギ。
幹の樹皮の色も違うのが分かりますか? 左は赤っぽく、右はそうでもない。

それから地面に生える草の量が全然違いますね。
ヒノキは比較的乾燥した場所に、スギは比較的湿潤な場所に植えるため、
スギのゾーンは草がもこもこ生えているらしい。


いやはや、こんなにきっちり異なるなんて思いもよりませんでした!
目に見えない境界線に気付くとなんだかわくわくします^^
[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-06-21 16:24 | 杉観察

スギダラケのパン屋さん


浜松市中区にあるパン屋さん、ラトリエ テンポの古山さんを
取材させて頂きました!
美味しいパン屋さんと地元産杉のステキな関係をレポートします!
d0127872_18571114.jpg
ラトリエ テンポ http://lateliertempo.com/



■ 天然酵母のパンづくり〜店舗も地元の自然素材で
—まずはパン屋さんを開いた経緯を教えてください。

古山さん(以下K):息子が浜松でパン屋を開くことを決意し、会社をリタイヤしていた自分と家内が手伝うことになりました。東京の修行した店では自家製天然酵母でパンを作っていたので店のコンセプトを「自家製天然酵母と地産地消の素材」にこだわるパン屋としました。

店作りは自分たちでデザインしたいと考え、以前勤めていたメーカーで楽器や家具など木製品のデザインをしていた経験を活かし、お客様に親しみとぬくもりを感じてもらえるように木材などの自然素材をテーマにしたデザインを考えました。


■ 自ら内装を手づくりで
—無垢の杉材の美しさが印象的なお店です。

K:結果としては、地元産の杉を入り口のドア、床、建具、外の看板、陳列棚などに使いました。
d0127872_19264140.jpg

私達が作っているパンの「天然酵母」というのは、工業的に作られたイーストと違って、発酵のテンポに人間が合わせるものです。だから、例えば「毎日10時にフランスパンが焼き上がります」とは言えない、酵母菌の発酵次第ですから。それから、地産地消を振興したいと考えてパンに使う具材も、地元で採れた旬の安全で美味しい食材をなるべく使うようにしています。

そういうこだわりを持ったパンを提供する店はどんな店だろうか、と考えたときに、人間の都合にあわせた人工的な材料は似合わないと感じたんでしょうね、今から思うと。天然素材の杉や檜を選んだのは、必然だったと思います。

とはいえ、杉を全面に使った部屋を作ると、山小屋風だったり、和風に見えたり、木の存在感がありすぎて重いイメージかなと。そこで壁面には漆喰を使ってすっきりと杉とパンを際立たせました。経費節減と手づくり感を出すため、漆喰の壁は自分たちで苦労して塗ったんですよ。
d0127872_1975099.jpg
d0127872_1991337.jpg


■ 材料問屋さん、内装工事屋さんとの共作
K:地元天竜杉は、森町(注1)のアマノさんから仕入れました。それから施工は神久呂(注2)の入政建築さんです。どちらも、国産材や木質の住宅作りに思い入れのある、頼もしい会社です。私は工事に関してはもちろん素人なので、杉材の適材適所や、手に触れる場所・目に触れる場所の仕上げ方法なんかは教わりながらデザインしました。

—入り口ドアの取手が杉のフランスパンなんて面白いです!
d0127872_1915492.jpg
杉の角材を見ていたら、だんだんフランスパンに見えてきたので、じゃあって作っちゃいました。自分で削り出したんですよ。

注1:森町は:浜松市から天竜川を渡った北東の地区
  有限会社アマノURL  http://www.tenryusugi.jp/
注2:神久呂は、浜松市西区の地名。住所で言えば西区大久保
  有限会社入政建築URL http://www.irimasa.net/index.html


■ 什器のデザインと機能性
K:内装だけでなく、このパンをディスプレイしている棚は、実は私達の手づくりなんですよ。住宅用の柱材とJパネルといった杉の集成材パネルで出来ています。パンを載せるスノコは檜材でこちらも手づくりです。
d0127872_18491095.jpg

陳列棚は固定しないでこう組み替えて、季節や陳列する量によって棚の高さやレイアウトをいろいろ替えて使えるように工夫しました。
d0127872_19243296.jpg

床と同様に植物性の天然オイルで出来たドイツ製のオスモ塗料を使い、自分たちで塗装しました。 
d0127872_18491641.jpg



■ お客様の反応
—お客様の反応はいかがですか?
K:まあ、パン屋なので、内装についての感想って聞いてみたことはないですが(笑)、「いい雰囲気ですね」とか「落ち着きますね」と言って頂くことはあります。私達は店頭にいる時間が長いですが、ストレスが少なく気持ちが落ち着く感じがしますから、デザインとしては成功だったと思います。

■ オーナーの想い
K:地元の杉材・檜材を内装・外装に使っている店舗は、今時は珍しいと思います。杉材を使ってもこういったモダンなデザインができるという実例として、お店を紹介するなどみなさんに活用頂けたら嬉しいです。この店が、自分たちだけの所有物という気持ちは全然なくて、オープンな気持ちですので、ぜひ気軽に立ち寄ってください。・・もちろんパンもご提供しているので、ちょっとだけ気にかけてくださいね(笑)
d0127872_1932348.jpg
インタビューさせて頂いた古山さん(右)、息子さん(中央)、奥様(左)。
とてもほのぼのとした気持ちにさせてくださるご一家です。


−「自然な発酵で」「地産地消で」と考えたら自然に地元の杉材にたどりついたというのは、普段「使おう!使おう!」と声かけしている立場にとっては、ちょっとした発見でした。無理しなくても、立ち止まって考えてみれば、使いたい場面ってあるんですね。
また、じっくりと時間を掛けて旨味を引き出すパン作りと長い時間を掛けて木を育てる林業とは何か共通するものがありますね。

もう1つ面白かったのは、「森町のアマノさん」「神久呂の入政さん」と、地名をくっつけて呼ぶ田舎(浜松)の距離感。感覚的に把握できる広さでことたりる地域だけに、「ああ森町のアマノさんね!」と通じてしまうところが面白い。それくらいの規模感、私は大好き&心地よいです。
d0127872_19422373.jpg
パン、おいしいです!

[PR]
# by sugidaratenryu | 2014-03-08 19:49 | スギダラケ


日本全国スギダラケ倶楽部、天竜支部です。
カテゴリ
全体
つながり
杉観察
杉道具/杉家具
知識
はままつ
スギダラケ
天浜線
根羽村
つれづれ
ツアーグッズ
未分類
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧