スギダラ天竜支部



第一回木育・森育楽会

行ってきました、木育楽会!
d0127872_1452476.jpg

2点レポートします!

■木育とは何か
そう。これが一番知りたかった。

私個人は、直感的本能的に、「木っていいよね!」となりいろいろ関わっていますが、他人に説明できない・説得できないということを感じていました。「木育の定義とは?」というカタいテーマを自ら掲げ、分科会3に臨みました。

とても面白かった!

冒頭に、コーディネーターの馬場さんから、「木育=木がある空間/おもちゃ/環境+α」とのテーマが提示されました。

大きくうなずきました。
そうなんですよね、単に、空間に木を使う・木のおもちゃがあるだけでは、木の空間と木のおもちゃがあるだけであって、わざわざ木育と呼ばなくてもいい。そうだ、もう一歩何かがある という定義をいただき、すでにとても納得でした。

3人の実地に活動している方々からは「愛着」「物語」などを+αだという意見が述べられました。
d0127872_15305058.jpg

そうだそうだ!

私なりの解釈では、「木に本人が接するだけでなく、木について"自分ごと"と思えるようになること。さらには、他者にそれを語れるようになること」ができると、「木育された人」になるのかなと、思いました。
そのためには、気づきを促す仕掛けや声掛けや語りかけなどが必要になる。

なるほどなるほど。

もう1つ、コーディネーター馬場さんが3人のパネラー全員に聞いていたこの質問!
「それって、プラスチックじゃだめなんですか?」

これもきっちり説明できるようになりたい点です!!! まさにそこなんだよ! 馬場さんサイコー!

木は何がいいか・・・を書き出してみます。

まずは五感で感じられますね。
・視覚:見た目に美しい。キャッシー的表現で言えば、見た目の情報量が多くて見飽きない。20年30年という歳月をかけて、春夏秋冬を過ごして1つ1つの細胞が生まれ成長して定着していくだけの情報がそこにはあります。
おもちゃ美術館の石井さん曰く「床の杉の無垢材の節がとっても気になるみたいで、全速力のハイハイで進んでた子が急に止まって見入っていたりする」そうです。1つとして同じものはなく、また、経年変化も、味のある感じになる("劣化"なる場合もありますが)。

・触覚:触って心地いい。特に無垢のものは気持ちいいですよねえ〜 これはもう本能としか言えないかなあ。
視覚と同様に、硬さ柔らかさについても情報量が多いので、触り飽きないってところもあるかな。

・味覚:舐めてもうまい。「赤ちゃん木育広場」では、無垢の木のおもちゃを口で確かめる赤ちゃんたち(これもきっと本能)。私はまだトライしてないので味は知りませんが、香りから察するに、樹種でそれぞれ味も違うと思います。

・嗅覚:香りがします。特にスギとヒノキはよく香りますね。広葉樹はあまり香らない印象があるけれどどうなのかしら?

・聴覚:音も違う。いい音がします。いいか悪いかは主観ですが、耳障りな音ではないと思う。木琴があるくらいですからね。また、木の1つ1つが違うから、違う音がするわけです。

そしてこの五感で味わえる楽しみは、別に人間のためにそう作られたのではなくて、太古から木が生きるために進化させてきた機能美そのものなんでしょうね。

さらに、近隣で(少なくとも国内で)生まれ育った材というのは、親近感を持ちやすい。東京の真ん中で「これは天竜材ですよ」と言われればどうしたって愛着がわきます。また、これはみほちゃん(友人)が伐った木ですよと言われれば、もっと親しみがわきます。

対して、プラスチックはどうか。
文脈がそもそも「プラスチックでは良くない」という方向なので恐縮ですが、まとめると、あっという間に整形されたそれは情報量が少なく、人間が企画した商品としての存在であって、存在そのもので楽しむにはちょっと足りないんだと思います。
その分大量に一気に作れて行き渡らせることができるのがいい点で、こうやってざーっと世の中に普及し、機能を提供しているわけです。

「機能だけでは味気ないことに気づいてしまった」のが木育の機運なのかなと思います。

道具そのものにすら愛着を持って暮らすことの豊かさに気づいてしまった。素通りではなく、その物を五感で感じ、その性質や背景も知って、さらには「これは私に属しているものだ」という気持ち=愛着も芽生えてほしい ということだと思います。

そしてこれは次の大人の木育にも共通するテーマです。

■「大人の」木育
大人の・・・って、あやしい意味ではありませんよ笑

木の良さを伝えてくのが普通の木育(対象は主に子供)だとすれば、「仕事に木を取り入れていく」ことが「大人の木育」だと私は考えました。そんなお話をしたのが、スギダラJR九州チームでした。
d0127872_15343750.jpg


別にプライベートで好きにやればいいのに、なぜ「仕事」に木を取り入れたいのか? 
まあ、日中の大半をお仕事に時間を割いている立場の人も多いわけだし、仕事に木を取り入れるのは影響力が多し、何より 楽しいから! 取り入れて仕事も楽しくなればいいよね! もうそれだけ!

こちらも同じで、大量生産・経済優先・普及優先で、とにかく機能条件を満たすものを普及させることが命題だったのですが、実際に機能だけが提供された物品たちが周りにあふれた状態になってみたら、けっこうつまらなくて、つらいことが分かったわけですね。

もうちょっと楽しめるものが存在しててもいいんじゃないか? 余白があっても、役に立たないものがあっても、いいんじゃないか? 詳しくはスギダラ活動に関わっていただければと思いますが、スギダラ的愛着楽しさ余白満載な活動を、どうやって効率重視の会社組織で実現させたのか、というお話でした。

そのエッセンスだけ書きますと、
・自分の裁量の範囲でとにかくやる!(超ささやかなことでもいい!)
・いいものを作り続ける!(ここが勝負!)
・しつこくやり続け言い続ける!(数年単位のしつこさ!)
でやっていると、白い目だった周りも、まああいつはああいう奴だからと受け入れて(あきらめて)黙認してくれたり、遠くにいる興味ある輩まで噂が届いて声かけてきたりと、少しずつ影響が広がり、5年とか10年の単位で浸透する実例としての、JR九州「日向市駅」とその後の活動のお話でした。

もともとそのような社風だったのかは分からないですが、JR九州という組織が、もうこの「愛着」に目覚めています。

だからこその「ななつぼし」であり(豪華寝台列車を作っただけでななく、乗員から停車地の人々が意思をもって「おもてなし」に携わっている)、2011年の九州新幹線の開通時に新幹線に向かって手を振ろうキャンペーンに15,000人の市民が参加したのであり(Youtubeで見れます)、最近では、九州管内で事故が発生した際に、乗客の避難誘導などを地元住民が自ら行ってくれ、お礼に訪れた社長に対し「いやあ、JR九州さんは身内やけん、当たり前さ」とおっしゃる。

効率では起きないことが起きるわけです。
とはいえ、大きな成果も最初は自分の裁量でできる微細なことから始まる。

子供への木育も、社会で木育的なことを行うことも、まあ同じことなんですね。
そんな木育学会でした!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2016-02-20 15:59 | 杉道具/杉家具

アベリア襲来[屋台大学] その4 <完結>

さて、アベリア屋台大学レポートは、第4弾にて、アベリアのアベリアらしい爆笑エピソードをちりばめて、ライトな感じで終わろうかなと思っていました。

いやいや、まだまだヘヴィに伝えたいことがありました〜ってなことで、「いまアベリアが取り組んでいること」をレポートします。

■子供達に、幸せな記憶を残す
アベリアのすったもんだあれやこれやの経験を踏まえて、別府への留学生や街の人たちの「小さなズレ」を1つ1つ取り持っている ということは先にお伝えしました。

それがまさに「いまの今」の別府への愛情なら、未来の別府への愛情がこちら:子供達に、幸せな記憶を残すようなことを、盛り上げていく、ぶちかましていく活動です。

アベリアの行動の原点の1つに、「すべてをあたりまえのこととして受け入れる別府の街」というのを、肌で目で耳で実感していることがあると思います。自分自身が本当に体験した、その渦中にいたということは、そんな場が存在していたという事実をゆるぎないものにします。

「え、そんな理想郷あるわけないじゃん!」「夢の世界よ、それは」という、素直な反応にはなかなか反論しづらいもの。でも、私の中にはその記憶がある! そして、体験したことによる膨大な情報は、実現への手がかりになりえるんじゃないだろうか。

体験の中には「おばちゃんはこんな口調で、言ってる言葉はきつくても優しさが感じられた」とか、「全然優しくないように見えて、知らないところですごく苦労してくれてた」とか、本や写真だけではわからない機微というか、1つ1つの細かいことが、記憶に刷り込まれているはず。

そして、未来は必ずやってくる。いきなり言いますが、「自分がいなくなった先の未来も必ず来る」。アベリアは、そのことも見据えているような気がします。

人が死んでいなくなる という話をするとつらく感じる方もいらっしゃると思いますが、書きます。

いつか、その日は必ずきます。今日と地続きでやってきます。だから、いなくなたった先のことを考えておくのは、例えば「3年の時間が過ぎたら"3年後"が来るから、その時に備えておこう」というとても冷静な話と同じです。いなくなる日が、明日なのか50年後なのかはわからないということだけです。
それにこの世からではなくても、組織から退職する日、引っ越してこのコミュニティからいなくなる日ってのもあるわけで。

アベリアは、自分が体験したのと同じように、「誰もがあたりまえに受け入れられている日常」を子供達に伝えていきたいのだと思います。
(具体的には、子供達と留学生との文化交流イベントや、祭りの復活、新しい祭りの立ち上げなどを活動中とのこと! 詳しくは(勝手に宣伝しますが)アベリアのFacebookを見てね!)

ちなみに、アベリアのばーちゃんもすごい。
このばーちゃんがいてこそ、このアベリアがいる、といった感じで、70歳でマラソンを始めて数年後にはハワイ・ホノルルマラソンに出場するくらいのお人です。

時々アベリアのfacebookで御言葉を拝見しますが、すごい。
たぶん、アベリアの活動を眼の前で見ているわけじゃなあないのでしょうが、響く言葉をくださる。

想像ですが、たぶんばーちゃんも、いつか必ず来る日に備えて、若人にいろいろ伝えにゃあな〜と思って、例えばそれが60歳に思ったとして、いまでは90歳を超えられ、若人への指導30年、もはや顔を見ただけで考えていること悩んでいること背中を押してほしいことなんかが分かるんじゃないでしょうか。もう仙人なんじゃないでしょうか。


■GPS
さて、たくさん、いろいろなことを書いてきました。
このレポートは、ワタクシ・キャッシーが、「アベリアのあの動きの源は一体なんなんだ!?」という疑問を中心に構成しておりますので、比較的、難しい雰囲気で分析しております(したつもりです)。

実際のアベリアは、とにかく楽しい!嬉しい!みんなの笑顔が見たい! その気持ちだけでグイグイワイワイどんどんと活動しています。

さて、GPSとは、アベリアが提案する指標です。
d0127872_203851.jpg

笑顔がたくさんあることが、幸せであり目指すところである!
やっほーー! いくぜーーーー!!
-------

そんなこんなで、どうもまとまりきっていませんが、書き切ったという思いでございます。
どなたかの参考になれば幸いです。
アベリアの思いを曲解している部分があったらごめんなさい。
とにかく感動しきりでした。
アベリア、また会いましょう!
[PR]
# by sugidaratenryu | 2016-02-06 14:57 | つながり

アベリア襲来[屋台大学] その3

■「人は、善いものだと決めた」

引き続き、アベリアの言葉です。

性善説と性悪説 いずれが人か、ということが議論されますが、アベリアは善いものだと考えることに決めた。

アベリアはなんと16歳の時に、このまま別府いや日本にいてもどうしようもない、外に出る!!と決めて、親御さんも反対する中、アメリカへ渡ったという。紆余曲折あって、最終的にニューヨークのメディア関係で(この辺ちょっとうろ覚え)働きつつ、お金もないのでかなり底辺な地区に住んでいたそうだ。

底辺というのは、移民やら違法入国者やらが集まっていて、安い家賃で暮らすことはできる場所。でもかなり厳しい。お金もない、ご飯は満足に食べられない、着るものも十分にない、周りからは冷たい目で見られる。

しかしそんな環境だからこそ、かえって誰かと一緒に励ましあって生きる明るさを感じたという。それと、講演ではほとんど語らなかったけれど想像するに、人の負の部分もたくさん見たんだと思う。

そんな環境でアベリアが一番疑問を持ったのは、ニューヨークの"成功者"側にいる人たちが、その底辺を"ないもの"として扱っていたことだった。見て見ぬふりですらない、存在しないという認識にいること。確かに、見てしまえばつらいことを知っているのだろう、自分の成功を素直に喜べなくなってしまうだろうから。

けれどもアベリアは見えていることを無視できなかった。見えている、そこにいる、そこに人がいるのに見ないで暮らす日々。もんもんとしていたそんな時に、ふと知り合い(アメリカ人)の口から「Beppu」の名前を聞き、「ああ、帰ろう」と思って帰国したとのこと。
d0127872_12595738.jpg

やっぱり語る語る語るアベリア


そんな底辺を我が身で体験した上で、「人は善いものだと決めました」と言うアベリア。
その意味に、泣けてきます。

人と人との関係を取り持とうと話しかけた時に、なんだか悪く取られたり、怒られたり、もう来るな!とか言われることもあるでしょう。そういう時に「あれは悪い人だから」という言い訳は一切しない、ということ。信じきる、という意思決定。

そして「決めました」というのは、アベリア自身の行動について決めたわけであって、他人にオススメしているわけではない。アタシこんな良いことやっているから、アナタもそうしなさいよとは、1mmも言わない。自らの裁量の中では、そうします、という宣言。


■「公僕たれ」

これは、アベリアが、尊敬する方から聞いた言葉。
そして、アベリアは体現していると、私は思います。

アベリアの知り合い? マブダチ? には、そうそうたる人たちがいる。
たくさん例が上がったけれど、私がわかったのは、アフリカのマータイさん、ピアニストのアルゲリッチさん。他には、イギリスの文化関係のトップになった方とか。

別府の街角で、小さな1つ1つのコミュニケーションを取り持っているうちに、街全体を盛り上げる企画に話が広がり、企画を進めるうちにつながっていったようだ。

そのような世界で活躍する先輩方のうちの一人から聞いた言葉だそうだ。「公僕たれ」。

で、私が今いる段階では、それはピンとこなかったんですが、感動したのは、「街角の小さな活動をしている人が、文化も習慣も違う土地にもいるらしい、しかもアベリアと気が合う"その手の人"が!!」ということ。

その手の人・・・って言っても怪しい意味じゃありませんよ。平たく言うと"変態の気がある"となって、ますます怪しいのですが笑、変態のくだりはぜひ月刊杉Webの拙文をご覧ください。
>>月刊杉Web111号第四回「杉というソウル」

上記の前の編もご参考までに。
>>月刊杉Web102号 予告編
>>月刊杉Web104号第一回「一家に一台、杉の家具」
>>月刊杉Web106号第二回「杉って・・・何?」
>>月刊杉Web108号第三回「スギダラはもはやスギダラにあらず宣言」


もっと通常の方にも分かりやすい書き方をすれば、アベリアが会の冒頭でも言っていましたが、「理性でも理屈でもないが、とにかく気持ちで動ける人」という意味です。動く根拠は、直感とか第六感とか本能、それともニオイとでも言いましょうか。身体的な人間らしさを第一に動ける人です。

今、世間で活躍しようとすると、どうしても整然とコンセプトを語れることとかが重要ですが、そういう流れとは異なるこっちの本能系でも、これだけ世の中に仲間がいて、それは文化も地域も関係なくて、そして紹介された方々に普通に女性もいたことに、なんだか力づけられました。この道は、続いている!

ちなみに、先日たまたま、イベントのお手伝いでピアニストのアルゲリッチさんを間近で(ほんとに5mくらいのところで)拝見する機会がありましたが、確かに、同じその手のニオイを若干ですが感じました。実際にくさいわけじゃないですよ、そういう雰囲気を感じたのです。


ひとしきり、書きました。これらは全部メモしてません。直接頭に書き込みました。それくら印象深かった。
なんとも書き上げた感じがありますが、その4(つれづれ編)に続くと思います。
[PR]
# by sugidaratenryu | 2016-01-31 13:50 | つながり

アベリア襲来[屋台大学] その2

■1つ1つの小さなボタンの掛け違いを、1つ1つ取り持つ

印象深かった順に書いております。
その2で早速、アベリアが今別府の街でどんな活動をしているかを紹介します。

それは「1つ1つの小さなボタンの掛け違いを、1つ1つ取り持つ」。

別府の街には、立命館アジア太平洋大学があり、様々な国からの留学生がいます。
別府の人口12万人に対して、留学生は3000人。40人に一人という高い割合です。
成功例としてこんな記事も書かれるくらい。
>>別府の「超グローバル大学」は何がスゴイのか by東洋経済ONLINE

上記の記事には抜けていることがある。
それは「別府の日常に留学生を溶け込ませた力」で、それはアベリアが原動力なんだと私は思う。

記事にあるように、150億や42億円の資金、立命館職員の積極的な勧誘、奨学金などが土台を作ったのは間違いないが、いざ留学生が街で暮らす段階になると、そういった大掛かりな力の出番はない。もっともっと身近な力が必要になる。つまり、1つ1つの小さなボタンをちゃんと見てて、掛け違えてたらその1つ1つ取り持つ力。

狭い日本でも街が違えば習慣が違う。言葉も違う。いわんや海外をやである。当然習慣の違いがあり、中には別府市民にとって受け入れ難かったり、不愉快だったりすることもある。

それを聞きつけたアベリアは、飛んでいく。駆けつける。
何があったのか、どうしたかったのか、どのあたりが嫌なのか、聞く。
留学生に悪気はないこと、彼らの故郷ではそれが普通だということを話す。
そうか、悪気はないし、ただ違うだけなんだと知れば、一歩譲歩できる。
そして、目鼻立ちが違ったり言葉が違って全然違うように見える留学生たちも誰かの家族であって、何にも違わない。自分の孫や子どもだと思って接して欲しい、とアベリアは訴える。

留学生の方にも同様に、日本の”あたりまえ”だとか、悪気はないということを伝えただろう。

日常的に起こる、やれ調理している時にくさいだの、やれ風呂の入り方がわかってないだの・・・という1つ1つを取り持っていく。

ここで意識的に私は「取り持つ」と言いたい。「取り除く」ではなく。
負の意味合いにしろコミュニケーションが生まれたことは消したくない。互いの文化の違いをお互いが認識したというエネルギーなんだから、正の方向に転換すればいいのだ。不快感は相手を知っていけば消すことができる。
お互いを無視するような関係性より全然良い。

アベリアは言う。
「川の上流で少しでも悪い方向に流れ出したら、その後流れはどんどん悪くなっていく。だから、小さな、ほんの小さな石であっても良くない流れを生もうとしていたら、ちょっとその石の向きを変える、それだけでいい方向に流れていく」

そうだ、その通りだ!!!

アベリアは、シリアやあの辺の紛争も心配していた。「いま、光ネットワークが世界中繋がっている。光がつながるんなら、温泉も繋ぎたい。武器を持っている人に、『今日は温泉の日だから! いーからいいから、武器は置いて! 温泉入ってゆっくりしな!』と言いたい」

私もそう言いたい。私は静岡県民だから「とにかくお茶飲んで一服しな!」と言いたい。


とにかく、アベリアがしていることは、根源的であり、人が誰しも骨身にしみることが発端なのだ。

例えば、留学生が役所に申請する手続きについて。1回役所に行くには交通費が1000円かかる、なんだかんだと修正などで何度も呼び出される。その留学生の故郷では、チャイが一杯5円で飲めるのに、交通費1000円かけて毎回行かなければならない。食べていくので精一杯、故郷より寒い日本で暮らす衣料を整えるのでも精一杯なのに、交通費をそんなにかけさせるのはおかしい!!!!

だから、役所に訴える。(アベリアは市役所職員であるので)「申請は大学で、私がまとめて受け付けて、私が役所に持っていきます。内容がちゃんとしていれば問題ないでしょう?」

役所はもちろん、NGを出す。まあ、ルールは守っていかないと秩序が保てないというのも分かります。
でも諦めないアベリア。だって、お金がないってことは、お腹いっぱい食べれないってことよ? ひもじいのはつらいよ? 寒いのに震えてないといけないのよ? それはつらい。なんとかしたい。

根負けした役所はついに通達する「あなたが責任を持つんでしたら、結構ですが、責任取れますか?」
アベリアはとっさに思う「責任取る・・・ってどういうことやろ? 命を取られるんやろか? それとも私の家族がつらい思いをするんやろか・・? いや、よくわからん、よくわからんけど、責任は取るよ!!」

今では、アベリアが大学に行き、一手に申請を受け付け、まとめて役所に提出している。何も悪いことは起こっていないという。

お腹がすく、寒い、さらには人に冷たい目で見られる・・・といったような、とにかく誰もがその身で感じたことがあるつらさを、なんとか軽くしたい・なくしたいという気持ちで動くアベリア。
そこには真実があり、人種や文化とは関係なく通じるものがある。


その3へ続く・・・
[PR]
# by sugidaratenryu | 2016-01-30 17:43 | つながり

アベリア襲来[屋台大学] その1

アベリアという呼び名の人物がいる。彼女の講演会を聞いた。
その衝撃と感動をお伝えします。
d0127872_16401399.jpg
語る語る語る語るアベリア


アベリアとの出会いはこちらをごらんください。
大分県別府市をこよなく愛する彼女が、別府を案内してくれたのです。
>>大分スギダラツアー 別府地獄巡り

2時間半にも及んだ講演で(そしてまだ全くの入り口だと本人談)一番深く感じたことをまず述べますと、「やれることは小さいけれど、やれることをやっています」。その宣言でした。

例え話として「山火事を前に、ハチドリがそのくちばしで水を運んで消そうとしている」というお話をしてくれました。ハチドリは、山火事がとても大きなことも、自らのひとすくいがとても小さいことも、認識している。でも、やる。

アベリアが別府の街に咲かせたいみんなの笑顔のために、やっているのは1つ1つの小さな軋轢を1つ1つ取り持つこと、それだけだと言う。でもアベリアは、別府はおろか世界中の平和を見据えていると思う。本気で。

小さな1つ1つは、小さいけれど、関わる人が増えることで大きなうねりになっていく。別府が好きすぎて「私は別府になりたい」と語るアベリアが、1つの面ではもう別府になったと思う動画をもう一度紹介してから、講演会の全部を語り始めたいと思います。
>>OAB大分朝日放送「大分ふるさとCM大賞Vol.12」/大賞
※別府の大学に通う留学生たちが、ボランティアで(お金はかけずに)アイデアを絞って手作りした別府のPR動画です。

■「誰のものでもないものを、共有する」
アベリアの講演2時間半のうち、1時間半がアベリアの背景に割かれた。しょーーじきに言えば、長いな〜〜面白いからいいけど別府での取り組みを知りたいんだけどな〜〜と、ちょっと思ってました。

いえ、でも、背景を知ることが本質でした。
今の具体的な彼女の取り組みは、本質の現れでしかないのだから。

その背景とは、別府は温泉の街だということ。
温泉は、誰のものでもない。
いっしょに温泉という恵みを分かち合うことが、別府市民の根底に流れている。

温泉の前では、いや温泉の湯の中では、裸一貫だれもが平等、肩書きや立場は脱ぎ捨てざるを得なくて、名実共にその人のそのままが露わになる場所。同様に、国籍も立場も関係なくなるのです。だって、お湯が温かくて嬉しい、心地いい、それで十分、ありがたい。

温泉のお湯のように温かな世間だった別府には、アベリア幼少時代、様々な人たちがいたという。おそらく別府の歴史の中でも特に多様な人たちがいた時代だったのではないだろうか。

それは、戦争引揚者であり、原爆療養所に通う人たちであり、進駐軍(米軍)であり、進駐軍との間に生まれた混血児と呼ばれた孤児たちであった。

今となっては、上記のような固有名詞を書くだけでも差別と言われるかもしれない。
特に、見た目の違いがあるゆえに、差別することが簡単だったと思う。

でも別府の人たちはそんな人たちを「あたりまえ」として受け入れたという。
別府の人は、いい湯加減、もとい、いい加減(いい意味で)だからだとか。
「いろいろある! いろいろあるよね! 違いもある! けどまあまあ、今日は温泉入ってゆっくりしなー!」そんなアベリアのセリフがそのまま別府の街でも叫ばれていたのだろう。

「大地の恵み」という大きなものの前に立てば、僕ら人間はみんな人間であってそれ以下とかそれ以上ってある!? そんな気持ちが、別府に、アベリアの根底に流れている。

それがアベリアの原動力の1つになっていると思う。

その2へ続く・・・
[PR]
# by sugidaratenryu | 2016-01-30 16:49 | つながり


日本全国スギダラケ倶楽部、天竜支部です。
カテゴリ
全体
つながり
杉観察
杉道具/杉家具
知識
はままつ
スギダラケ
天浜線
根羽村
つれづれ
ツアーグッズ
未分類
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧